猫ごはん、少し見直し
2015年05月18日 (月) | 編集 |

シモンの慢性腎不全の診断から一週間過ぎた。

最初はシモンがすぐに死んでしまうような気がして、気分が落ち込んだが、その後別件で獣医さんへ行った時に、「血液検査でわかるほど悪くなっているわけではないから悲観するな」と言われちょっと気を取り直した。

シモン自体は至って元気である。

20150518-1.jpg
この大きなお尻で病気ですっって言われても、信じてもらえなそう

食欲も他の誰よりもある。

人間の食事を用意しようと冷蔵庫からまだパックに入ったお肉を出しただけで、「お呼びでしょうかっ!?」(呼んでない…llllll(-_-;)llllll)と言いたげな必死な顔で走ってくる。

ただ、去年武蔵が痩せ、毛が抜け落ち血液検査などをしたのだが、結局何だかわからずじまい。しばらく消炎剤を飲ませていたら体重も毛も回復したのでそのままになっていたが、尿検査をしていなかったので、今になりもしかしたらシモンと同じかもと気になり、武蔵と15歳のお婆ちゃん猫、蘭々の尿サンプルも検査してもらった。

20150518-2.jpg 武蔵

20150518-3.jpg 蘭々

結果、確かに腎不全になりかけているが、薬で治療をするまでには至っていないので、食餌療法で様子を見ようということになった。

食事療法…何だか難しそう…

一体何を食べさせたらいいんだ? 
うちはロイヤルカナンの餌を全員に食べさせられるほど裕福じゃないぞ…。

もっともシモンのために買ったロイヤルカナンの腎臓サポートのドライフードは、最初の3日はもの珍しさからかガツガツと食べていたが、その後はもう飽きてしまったらしい(確かに腎不全用の餌は炭水化物が多いせいか、食欲をそそる匂いはしないけど)。

そこで、おそらくヨーロッパ最大、ドイツのペット用品激安オンラインショップZOOPLUS(Royal Caninのミルクなどスペインの半額以下だし、39€以上買うと送料無料!!!)で餌の成分、原料などを調べてキャットフードを買うことにした。

見てみるとちょっと良さそうな餌でも“肉副産物“というものが入っている。

もちろん今まで食べさせていた餌にも・・・(>_<;) 

内臓や骨などが混ざったいるとは想像がついていたが、“肉副産物“には病気や殺処分された家畜どころか、なんと犬や猫まで入っていることもあると言う。
もしかしたらうちの犬猫たちは殺処分された犬や猫を食べていたのかなぁ・・・(T_T)

これって共食い…

食べた犬猫も食べられた犬猫もかわいそうだ…

「それじゃ、牛や豚や鶏やウサギや羊はかわいそうじゃないのか~っ!(;`O´)oギゼンシャメ!!!」
…といわれてしまえば言葉もないのだが…(x_x)

スペインではウサギを食べる。
それを批判する気はサラサラないが、私は昔ウサギを飼っていたので食べる気も料理をする気にもなれない。

20150518-4.jpg

旦那曰く、昔はウサギと称し、猫を売っているところもあったという。
まさか今はそんなことはないと思うが、そんな話を聞くとやっぱり食べたくない。

なんかその感覚と似ている。

とりあえず“肉副産物“の入っていない(表示が正しければだが)Smillaというドイツのメーカーのドライフード(腎臓ケア用、デリケートなお腹用、去勢・避妊済み猫用の3種類)をインターネットで注文し(しかもお手ごろ価格)、ウェットフードは手が届く範囲のものでは“肉副産物“が入っているので、今までの1日2回を廃止、1日1回の手作りご飯にすることにした。

栄養バランス的にどうしたらよいのかわからないので、またしてもインターネットさまにお伺いをたてると腎不全用のご飯は低タンパク、高炭水化物、リンを低くすると出ている。

大まかに肉、魚類1種類(たんぱく質)30~40%、穀類、イモ類1種類50~60%、野菜2種類5~10%、効果のある野菜2種類も5~10%とある。

20150518-5.jpg

いろいろな情報を読んでいたら頭がくらくらしてきたのでo(@.@)o とりあえず、鶏胸肉1枚、いつもウェットフードに少し入れていたレバーペーストを40g(ホントはたんぱく質1種類なんだけど・・・)、1カップのお米を洗わず炊いたもの、ブロッコリー2片、しいたけ2枚で煮てハンドミキサーでペースト状にしてみた。

20150518-6.jpg

上の材料で5日分。かなりべたべたなので、食べる時に同量のお湯を加えさらにハンドミキサーにかけるとちょうどポタージュのような硬さだ。

さてさて、主役のシモン、副主役の武蔵、蘭々が食べてくれなくては意味がない。

20150518-7.jpg

シモンさん、武蔵さん試食お願いいたします。
20150518-8.jpg

「おいしゅうございました」でしょうか…?

20150518-9.jpg

ヽ(*'0'*)オォォ~ きれいに完食!!!

シモンは血圧を下げる薬も飲んでいるのだが、直接飲ませようと捕まえると大パニック。
血圧を下げる薬を飲ませるために血圧が上がってしまっては元も子もないので、餌に混ぜることにしたため、シモンがこれを食べられるかどうかはとっても大事。

他の猫たちと、犬(ドライフードにトッピング)にはこの3匹の分をとった後、お肉類を加えたものを出した。
これも完食。

別の材料や成分の研究の余地が大ありだが、とりあえず第一回目としては成功かな。

話は仔猫たちに変わるが、またしても新入り研修生がやってきた。

最初、メスだと言われたので夢と名づけたが、今朝よく見るとオスだったので、改名しなくては…。

20150518-10.jpg
女の子と言われすっかり信じてしまうのも無理はない?

20150518-11.jpg
やっぱりニャニーズ系ですか?

ポルトス、アトス、ダルタニャン、マドンナの4匹はFIV,FeLVの検査は陰性。
20150518-12.jpg

20150518-13.jpg
マドンナ、なんだか蝉・・・

それはよかったのだが、アトスがおとといから下痢と嘔吐。
ダルタニャンが今朝早朝に嘔吐。嘔吐は注射でおさまったようだが、アトスの下痢は続いている。

20150518-14.jpg
ニャニャ、またお母さんぶりを発揮。また想像妊娠にならないでね~

あと一ヵ月半無事に育って里子に行けるといいのだけれど…。


スポンサーサイト
遅ればせながら…
2013年07月23日 (火) | 編集 |

5月に延期となっていた結婚記念日のディナー。
ちょっと前ではあるが、元気と勇気がやってくる前日に遅ればせながら決行された。
すでに数週間前なので、これまた遅ればせながら記事を書いてるのだが…(;^_^A 

レストランはサン・セバスティアンの旧市街にあるBodegón Alejandro

三ツ星シェフMartín Berasategui (マルティン・ベラサテギ)のグループレストランなので期待大だ。
彼のキャリアもここから始まったとのこと。

まずはアペリティブ。

20130722-1.jpg
薄いラスク状のパンとスイカ入りガスパチョ。

続いて素揚げ唐辛子。

20130722-2.jpg

あまりレストランのメニューっぽくはないが、このあたりではよく食べられる。
ししとうがらしのように以前は辛いものが多かったが、最近は辛くないものが主流のようで
この日はこれだけあって、辛かったのはたったのひとつ。

写真はちょっと暗くておいしそうに見えないが、蟹と温野菜のサラダ。

20130722-3.jpg

メインはまたか…と思われる方も多いと思うが鴨ときのこのソテー、ドライナッツと梨のソース添え。
これは本来のメニューにはあるはずなのだがこの日のメニューになかったので、聞いてみたところ、
用意できるとのことだったのでお願いした。

20130722-4.jpg

その日は冷夏の最終日で少々涼しかったのでちょうど良かったが、今のように蒸し暑い日にはナッツの
ソースはちょっとしつこかったかもしれない。

最後のデザートはピスタチオのスフレ、コーヒーのアイス添え、副支局長(旦那)はチョコレートの
スポンジケーキ、コーヒーのアイス添えを注文。

20130722-6.jpg 20130722-5.jpg

Martín Berasateguiの三ツ星レストランだといわゆる大きなお皿の中心にちょこっとお料理が
乗っているという感じなのだろうが、ここは量も味もお値段も満足できるので、サン・セバスティアンに
行かれる方にはお勧めできる。

お食事後は夜のサン・セバスティアンをお散歩。

20130722-7.jpg

5ッ星ホテル、マリア・クリスティーナ・ホテル。サン・セバスティアン国際映画祭の季節は
有名映画監督、俳優、女優さん御用達ホテルとなる。ウッディ・アレン、ブラッド・ピット、
リチャード・ギア、メリル・ストリープ、ジョン・トラボルタetc.etc. 若者うけはしないのかも
しれないが、いい俳優さんたちがやってくる。

そして、マリア・クリスティーナと川を挟んでお向かい側に映画祭の会場となる(悪名高き)Kursaal
(クルサール)国際会議場がある。この日は「美女と野獣」のミュージカルが来ていたようだ。

20130722-8.jpg

現在に戻って、元気と舞は毎日順調に10~20gずつ太って今回は病気の心配はそれほどなさそうで一安心だ。

20130722-9.jpg 20130722-10.jpg

元気などはぶくぶく太って少々乳児肥満ぎみだが、クッションのぼりにも励んでいる。

20130722-11.jpg 20130722-12.jpg

たくさん遊んだあとは、しっかり飲み、しっかり寝る!!!

20130722-13.jpg

…のでまた太るのダ…



鴨づくしの日
2013年05月25日 (土) | 編集 |

5月24日は副支局長と支局長の5回目の結婚記念日であった。
5回目といってももうすでにおじさん、おばさんに差し掛かってからの晩婚カップルなので新鮮な
イメージとは程遠い…(゚‐゚*)トオイマナザシ...

5年間、お互いに耐えた(ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )オタガイジャナク、フクシキョクチョウガタエタダケジャ~!!!!)ご苦労さん会
として久々にレストランでロマンティック・ディナーだ!と数ヶ月前から楽しみにしていたのだが、
副支局長のお母さんの入院・手術が同じ日にバッティングしそうだったのと(先週無事に済みましたが)、
なによりボルトという子分ができ、先輩ズラで完全に舞い上がっているピクシーが、不在中に大騒ぎをする
可能性があるため、一時預かりの子達が里子に行くまで延期になってしまった( ´△`)

20130525-1.jpg

ということで、メニューは、なぜかうちの豪華メニューの定番とされている鴨のローストとデザートは
フォンダン・ショコラとなった。

20130525-8.jpg

コーン&トマトポタージュ

20130525-9.jpg

鴨のロースト、フランボワーズソース
ここにしては珍しくおしゃれなエディブルフラワーの入ったサラダのパックをスーパーで発見!

20130525-10.jpg

フォンダンショコラ。テラスのワイルドストロベリーものせてみました。

だが、その前に何よりも大事な局員の給食だ!
「さあ、さあ、日向ぼっこの時間はもう終わり。家に入って!」とベランダに出るとなぜかザワザワと
色めきたっている局員たち。

20130525-3.jpg

ベランダの下を見ると…

20130525-2.jpg

か、鴨ぉ???!!!

雌鴨が支局長に向かいグワッ!グワッ!とヒステリックに叫んでいる。

ヒィィィ~(゚ロ゚;)!!!今夜のメニューが鴨と知って抗議に来たのでしょうかぁぁぁ~
私の買った鴨はあなたの家族だったのでしょうかぁぁぁ~???

副支局長がパンをちぎって投げると雌鴨がそそくさと駆け寄りガツガツと食べる。
その後ろでは雄鴨がパンも食べず恥ずかしげにうつむいてうろうろしている。
まるで「花より団子」の彼女をみっともないと恥ずかしがっているかのようだ。
(雌鴨は動きが高速すぎて低性能のカメラに写らない…)

20130525-4.jpg 20130525-5.jpg

20130525-6.jpg 20130525-7.jpg

ねぇ、旦那ぁ~(副支局長)、どっかの夫婦に似てない?(ミ ̄エ ̄ミ)

フランス・ドイツ・イタリア・スペイン味くらべ
2012年12月20日 (木) | 編集 |

副支局長と支局長は2週間に一度、支局から車で15分ほどのところにあるハイパーマーケットに
買出しに出かける。
近所に商店街はあるのだが、毎日買い物に行くと余計なものを買ってしまい無駄遣いをするのは
目に見えている。
リストを作って一気買いだ。

20121220-1.jpg 20121220-2.jpg
左はシモン、右はフィオナ。シモンが箱や袋が大好きなのはいつものことだがいつも隠れているフィオナがするのはちょっと驚き

このEroskiという日本人にはなんとも怪しげに聞こえるマーケットは、よく
「2つ買うと2つ目は70%OFF」とか「3つ買うと1つ分は無料!」というセールをするので
犬猫の餌を買うときには重宝してよくまとめ買いをするのだが、犬と猫のドライフードの
セールが重なったときには大きなショッピングカートの3分の2が犬猫用品(他に猫のパテ18缶、
犬のパテ4缶、猫砂6~7袋)で埋められ人間の食べ物用のスペースはほとんどない。
1度だけカートを2台つかったこともある。

20121220-3.jpg ボクのゴハン♪
 
20121220-4.jpg わ~い♪わ~い♪わ~い♪ 

20121220-5.jpg お喜びのところ申し訳ないのですが…  ズリッ!

20121220-6.jpg え?ミルーのなの?

2週間前にこのEroskiに買い物に行くといつもたくさん棚に並ぶEroskiブランドの猫のパテがあまりない。
かき集めるとちょうど18個。わ~い、ギリギリセーフ!副支局長が「次回いつ入荷するのかなぁ?
ちょっと心配だなぁ。店員さんに確認しようか」と言っていたが、お気楽支局長は「何十年か前の
ロシアのスーパーじゃないんだから、2週間入荷しないなんてないよぉ~。大丈夫、大丈夫」と軽く流した。
…が、今回の買い出し、そして最後の1缶が終わる前日、その「何十年か前のロシアのスーパー状態」は
事実起きた。\(゚ロ゚;)/ヒィィィ~! これは非常事態だっ!

最悪、他のメーカーのを買うこともできるが2~3倍のお値段だ。18缶となるとかなりの差額になる。
『落ち着けっ!落ち着け支局長。まだ、今晩と明日の朝食用のパテはあるっ』と自分に言い聞かせ出た答えは
「そうだCarrefourに行こう!」。

Carrefourは支局から車で20分ほどなのだが、Eroskiとは正反対の方向なので翌日夕食前に買いに行く
ことにした。
そういえばCarrefourと同じ並びにLidlというドイツ系のマーケットもある。

タイトルから「何の味くらべかな~。ワインかな~?お料理かな~?」と思った方、期待を裏切って
申し訳ありません( ̄ー ̄)ゞスマンスマン
実は猫によるパテの味くらべでした。

まずは、ドイツ系Lidlへ。なんとEroskiの猫缶より15センティモ(15円くらいと思ってください)
ほど安い!製造国は書いてないが、ラベルはスペイン語とポルトガル語なのでドイツで作られたかは謎だ。
とりあえず6缶ゲット。

DSCN6726_convert_20121220084619[1]
左は「羊肉、鶏肉、豆類の煮込み」右は「牛肉とにんじんの煮込み」。なかなかおいしそうな響きだ…

そしてフランス系Carrefourへ。Eroskiより7センティモ高いが、なんといってもグルメ大国フランスで
製造しているo(^-^)o ワクワクッ それだけでなんだかおいしそう( ̄~; ̄)ジュルルル 
14缶ご購入~!

20121220-7.jpg
上が鶏肉のパテ、下左はウサギ肉のパテ。下右はサーモンのパテ。

さてさて翌朝、猫たちがどんな反応をするかワクワクしながらまずはCarrefour缶から。
猫局員たちの期待も高まる。

20121220-8.jpg

う~ん、なかなかいい反応。シモン、カネラは味にうるさい上、機嫌が悪いとパテに見向きもしない。
仕方なくちょっと高いムースを混ぜたり、自家製レバーペースト(これは他の猫のにも混ぜてある)を
もうちょっと上乗せして騙し騙し食べさせることもしばしばだ。
ショコラは支局長、副支局長が指で食べさせないと気を散らせて途中でやめてしまうことが多い。
が、さすがCarrefour缶!一瞬にしてまるでお皿を洗ったかのように消えうせた。恐るべしおフランス!

20121220-10.jpg

今日はLidl缶だ。これはパテ(テリーヌとかムースというのだろうか?)状ではなく小間切れの
お肉や野菜を煮たものだったが、うちではどちらにしてもハンドミキサーでクリーム状にするので同じことだ。

さあ!どうだっ!う~ん( -"-) ショコラは途中退場したけど、他のみんなはやっぱり一気食べだぞ?
どうやらそれなりにおいしかったようだ。

タイトルのイタリアというのは今年の夏に行ったヴェネツィアに旅行に行ったときに、お留守番していた
犬猫局員たちへのお土産で買った犬缶、猫缶だ。

20121220-11.jpg

これはスーパーブランドではないそれなりのお値段のものだったので、やっぱり黙々、モグモグと
平らげた。(Carrefour、Lidl、Eroskiからはお値段の面でハンデがあると抗議がきそうだ)

支局長にはCarrefourのがおいしそうに見える。が、Lidlのもほとんど時間差はないし、ショコラ以外は
お皿の平らげ度もほとんど同じ。Eroskiのは時々5匹くらいが食べないこともあるが、全員食べることもある。
イタリアのはお値段が倍以上だったからおいしくて当然だし…「(゚~゚o)ウゥーン 判定は難しいぞ… 

要は、空腹には何でもいいけど、ただ単に、毎日同じものを食べていると飽きるのかもしれない。
それなら、お手ごろ価格のEroskiの猫缶が戻る日を待ち、たま~にCarrefourのを買いに行くことにしよう。
(へっ、へっ、へ、実はCarrefourのお魚コーナーでEroskiでは手に入らないようなマグロをゲットし、
手もみをして喜んでいるお刺身好きな支局長と副支局長であった)


ガリシア・シーフード・フェア
2012年10月16日 (火) | 編集 |
先週末、支局長と副支局長は近くのショッピング・モールで開催されている
ガリシアのシーフード・フェアに行ってきた。

20121016-6.jpg

スペイン北西部のガリシア地方は魚介類で有名(その安さでも!)である。

20121016-5.jpg

私たちが会場に入ったとたん大暴風雨になり、ものすごい音がしていたがテント内は
風も雨も入らず食事をするのに支障はなかった。
ただ、日曜だというのにこの天気でお客さんの入りがいまいちだったのが気の毒だった。

まずは・・・

20121016-1.jpg
ガリシア風ゆでだこ

続いて
20121016-2.jpg
ガリシア風ホタテ貝

20121016-3.jpg
魚介の鉄板焼き
写真ではそれほど大きく感じませんが実際に見ると「おぉ~~!」と
感激もの。
うちの特派員(猫)達が見たら気が狂ったように喜ぶだろうなぁ・・・

この盛り合わせの中には大きなカニも隠れてました。
20121016-4.jpg

デザートにガリシア地方名産サンティアゴ・ケーキ(アーモンドプードルがたくさん入った
スポンジケーキ)が食べたかったんだけど品切れだった・・・(>_<;) 残念・・・

ちょうど10年前にガリシア沖でプレステージという重油タンカーが沈没、
大量の重油が流出しガリシアの漁業が大打撃をうけた。
そこの人たちがこうやって各地でフェアを開いて生き延びる道を見つけ復活していくのを
見るのは感慨深い。

今日はちょっと道をそれましたが、次回は美形猫ミーシャを紹介!