スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セマナ・サンタ(イースター)
2013年03月29日 (金) | 編集 |

陸(りく)の調子はあまり良くない。

おとといの夜まではしがみついてねだっていた鶏肉もサーモンの切り身も昨日の朝には
ペースト状にしても自分では食べなくなってしまった…。(T_T)
仕方なくペーストを強制給餌しているのだがそれも嫌がる。水分もシリンジで輸液を飲ませている。

20130329-10.jpg

まだ血液検査の数値的にはFIPとはいいきれないが、FIPだろうなとは思う。

でも、それでも何かできることがあるのではとインターネットでいろいろ調べているとスペインの
サイトでは数件、治ったという例もでてくる。

副支局長がそれを横から覗き見するのだが、「あ、でもこれ再発してるよね」、「この治療高そう」とか
「副作用きつそう」などとネガティブなところだけ声をだして言う。

もしFIPであれば最悪の事態が起きる可能性がほとんどだということは支局長もよ~く知っている。
それでも藁にもすがる思いで「疑い」のうちに何か対策ができるか見ているというのに…

ただ今喧嘩中です…(というか支局長がひとりで激怒しているんだけど…)

今世間はセマナ・サンタ(イースター)の真っ只中。なので祭日だらけで獣医さんにも行けない。
獣医さんは「緊急の携帯持ってるからいつでも電話してね」と言ってはくれるが、やはりお休みの日は
できれば架けたくない。明日は土曜日だけれど祭日ではないのでとりあえず、今は陸にできるだけ
食べ物を詰め込んで頑張ってもらおうと思う。

このイエス・キリストの復活祭であるセマナ・サンタ、支局のあるあたりではあまり盛り上がって
いないが(おそらく教会の中のみ)、もちろんスペイン各地では毎年恒例の一大イベントである。
支局長は宗教はあまり好きではないがセマナ・サンタの行列には感動する。

20130329-1.jpg 20130329-2.jpg 20130329-3.jpg
上の真ん中と右の写真は支局長が一番好きなマリア像だ。ビエルネス・サント(聖金曜日)の夜12時にカテドラルから出発する。

1週間のあいだ毎日、キリストが裁判にかけられたり、十字架にかけられたり、聖母マリアが嘆き
悲しんだり、復活する場面などの彫像をのせた山車のようなおみこしの行列が町中の教会や聖堂から
繰り出される。

20130329-5.jpg

このおみこしの周りには信者が行列をなすのだがその姿は多くの外国人を震撼させる。

20130329-4.jpg

初めてスペインに留学した際、同じクラスにいたカナダ人のスーザンがその行列を見た後、目玉が落ちん
ばかりに驚き「なんでKKKがたくさんいるのぉ~っ!!!!!!!(゚д゚;) ヒィィィィ~!!!」と叫んでいたのが
20年以上たった今も忘れられない。

この衣装は中世に宗教犯罪者が着せられたもので、今は「イエス・キリストを十字架にかけたこと
への罪の意識」意味で着ているらしい(カトリックの方、間違ってたら教えてください)。

支局長はいまやバスクに住んでいるが、語学学校やビジネススクール時代はサラマンカという街で
過ごした。セビージャなどアンダルシア地方ほど有名ではないかもしれないが、サラマンカの
セマナ・サンタも中世の街並みと調和していてとてもきれいだ。

そのサラマンカにはちょっと変わった独特の風習がある。中世時代、セマナ・サンタの間は町から
売春婦を追い出すのだが、セマナ・サンタが終わって一週間後の月曜日にみんなで売春婦を迎えに
行ったらしい。

今はさすがに売春婦は迎えに行かないと思うんですけど、そこから今はオルナソと呼ばれる
お肉やソーセージ、チョリソ、ゆで卵などが入ったパイのようなパンなどを持って野外に家族や
友達と行くという習慣がある。

20130329-6.jpg

この前、このオルナソが食べたくって作ってみました。
自家製にしてはおいしかったです。

最後に、これはキリストが復活して棺おけからでて、聖母マリアと再会するというセマナ・サンタ
最終日のシーンです。

20130329-7.jpg 

20130329-8.jpg 20130329-9.jpg

支局長も陸が病気から復活することを願ってます…(>_<)


スポンサーサイト
ちびっこリッキー
2013年03月27日 (水) | 編集 |

リッキーこと陸(りく)は推定月齢7~8ヶ月なのだが今だに仔猫のように小さい。

20130326-1.jpg

ここ1,2ヶ月ほど「陸、なかなか大きくならないね。去勢手術できるのかなぁ~?」とは気になっては
いたものの、いつまでも仔猫みたいでかわいいし、私がフィオナの口内炎で頭がいっぱいだったのと、
いつも風(ふう)が陸の面倒を見ていてくれるのでついついそのままになっていた。

20130326-2.jpg 12月の写真。大きさは今とほとんど変わらない

先日フィオナの抜歯手術の際、手術室に去勢手術を待つ保護センターのスタッフRさんの猫デリクエンテ
(なんと、“犯罪者”という意味です…)がいた。デリクエンテは陸とほとんど同じ月齢のはずなのだが、
第一印象は…デ、デカイッ!!! 

この時、陸は小さすぎると心配になってきた。デリクエンテの半分とは言わないものの60~70%くらいしかない。

獣医のR先生も、J先生も「小さいうちに去勢手術をすると身体は大きくなっても頭が小さいまま育たない
ことがある」と常々言っている。

20130326-5.jpg 支局に来た頃の陸

先週、熱が少しあったのでそれも兼ねて手術ができるか相談しに保護センターのクリニックへ連れて行った。

最初は風邪による熱だと思っていたJ先生も、支局長が「7ヶ月なのだが大きくならない」というと別の病気を
心配し始めた。支局長の恐れおののくFIPだ。

FIPは多くの猫が持っているコロナウィルスが突然変異をおこして発症する。
コロナウィルスを持っていても多くの猫は発症しないがストレスなどいろいろな要因で突然変異を起こすらしい。

以前にノラを連れ去ったのと同じ病気だ。

20130326-3.jpg ノラ

王子(おうじ)も病名が確定する前に亡くなってしまったが、おそらくFIPだったのではないか
と思う。

20130326-4.jpg 王子

陸は亡くなった王子と同じところで同じ頃生まれ育った

FIPは検査をしてもはっきり「FIPです」と診断できる決定的なものが少ないらしく、いろいろな数値や
症状を見て
「おそらくFIPだろう」と診断される。

血液検査をしてみたところ貧血気味であるが数値がとっても悪いわけではない。ただ、抗生物質が熱に
効いていない、発育不良、元気がない(陸はもともとおとなしいので性格なのか病気なのかはいまいち
わからない)などの症状とあわせていくとかなり疑わしいとのことだ…。

20130326-7.jpg 

陸には別の家に引き取られた空(くう)、海(かい)という兄弟もいる。

20130326-6.jpg 空、陸、海

この2匹は陸にくらべるとかなり元気ではあったが、大丈夫だろうかと心配になる。直接飼い主さんに
聞くのは心配させてしまいそうだし、もしなんともなくても「病気持ちの猫を渡された」と誤解されるのも困る。

はぁ~、フィオナの手術が終わったばかりだというのに今度はリッキーか…
とりあえず、今は貧血対策を考えて(毎日自家製レバーペーストはあげてるんだけどなぁ)、
次回の血液検査までに貧血が少しでも解消されることを願う。


ミルーの引き癖
2013年03月19日 (火) | 編集 |

ここ数日雨が降ったり止んだりで、それはそれでいいのだが、「あっ!お日さまが出た!」と急いで
ミルー&ピクシーと散歩にでると突然雨が降ってくる。「雨が降ってきたから帰ろう!」と走って帰ると
またお日さまが出てくる。なんだか意地悪をされている気分である。

ワンちゃん達は家にトイレがなくて大変ですなぁ~。
お天気の悪い日はおうちでまったりするのが一番にゃ

20130319-1.jpg

支局長も君たちとまったりしていたい… C= (-。- )

こんニャふうに?

20130319-2.jpg

トイレだけじゃなく君たち猫族は少々大騒ぎをしてもそれほど迷惑じゃないけど、ミルーは散歩に
出ないと欲求不満で君たちを追いかけたり、支局長に“怪獣ごっこ”を強要したり、お友達犬が
通ったりするとワンワン吠えたりするでしょ、だから支局長がヒーコラ言って1時間半も散歩しなくては
ならないのだ。

だが、ピクシーが来てからは怪獣ごっこと追いかけっこは彼女が喜んで引き受けてくれているのでとても助かる。もしかするとミルーより意欲的かもしれない。

20130319-3.jpg 20130319-4.jpg

行ってらっちゃい… …バタン!

20130319-5.jpg

ふぅ~…やっと邪魔者がいなくにゃったニャ… ( -.-) =з

20130319-6.jpg

さて、支局長が犬猫になめられていることは前回少しだけ書いたが、これは犬友達の飼い主さんたちには
既にバレバレである。

支局から出てすぐはまだ住宅街なのでリードにつないでいるので支局長が「あ~~~れぇ~~」と
引きずられているのだが、そこへ通りかかった近所の飼い主さんたちは「副支局長さんと歩いてるときは
いい子なのにね~」と暗に支局長がなめられていると言っている。|||(-_-;)||||||

さいわい支局周辺は人気のない山道があるのでリードをはずして自由に野山を駆け回ることができるが、
リードをはずせない街中に住んでいたら支局長はずるずる引きずられ市中引き回しの刑か、ミルーとは
お別れしなくてはならない運命だろう。

支局長が好きなテレビ番組のなかに「Encantador de perros」という番組がある。
ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルを見ている方はご存知だと思うが邦題「ザ・カリスマ・
ドッグトレーナー 犬の気持わかります」という番組だ(毎回、驚きと感動だが、支局長が感動で
涙した1エピソードをリンクしておきます)。

20130319-7.jpg

タイトルどおりメキシコ人カリスマドッグトレーナー、セサール・ミジャン(英語読みだと
シーザー・ミラン)があらゆる問題(アグレッシブ、臆病、など)を持つ犬を訓練するというものだ。
多くの場合ほんとうに一瞬にして犬がセサールの言うことを聞く。もちろん引っ張り癖のケースも多く
あるので、支局長もセサールの言うようにやってみるのだがうまくいかない。

20130319-8.jpg

近所の飼い主さんたちの中に、ミルーよりひとまわり小さいボーダーコリーのMix犬
Vertxo(ベルチョ)の飼い主のメキシコ人の女性Rさんがいる。ある日、いつものように支局長が
引きずられて歩いていると、ちょうど彼女が通りかかった。彼女とおしゃべりをしてると、ミルーの
もうひとつの悪い癖の無駄吠え(無駄ではなくて何かを訴えている?)が始まった。なぜかお友達犬を
みると一度その犬に向かって走っていき挨拶後、支局長のところに戻ってきて吠える。

それを見ていたRさん、「吠えたら、無視。歩くときはもっとリードを短く持って、胸を張って!」と
1時間ほどの集中レッスンをしてくれた。彼女はメキシコ人でありながらバスク語の先生だが、
犬の専門家ではない。一時間後には「おぉぉぉぉ~、すべてのメキシコ人にはカリスマ・ドッグトレーナー
の血が流れているのか?」と思うほどミルーはいい子になっていた。

だが、1週間後にはやっぱりいつものミルーに戻ってしまった。

セサールが「犬の問題行動は、犬に問題があるのではなく飼い主に問題がある」と常々言っているように、
支局長に問題があるのだろうがRさんの言ったことを思い出してやってみてもうまくいかない。

えぇ~い、最後の手段だ。実はRさん、別の秘密兵器、引き癖防止ハーネスをお勧めしてくれた。

20130319-10.jpg

4.45ユーロと激安、そしてそして効果も抜群。
最初はミルーもハーネスを外そうとしていたが、支局長が歩き始めるとミルーもお行儀よく歩き始めた。

20130319-9.jpg

Rさん、どうもありがとう!!!

支局のコンクラベ
2013年03月16日 (土) | 編集 |

新ローマ法王が決まりましたね。

20130315-1.jpg

私はきっと日本にいたら興味がないのだろうと思うのですが、こちらではFumata(フマタ)という
煙突から煙(過半数を超えないと黒煙、法王が決まると煙突から白煙が出る)が出てくるのを
今か今かと生中継してるし、白煙が出ると多くのテレビのチャンネルが番組を中断して速報番組だし、
さすが国民のほとんどがカトリックだけある。

20130315-2.jpg

副支局長は一応カトリック教徒であるが、常々「カトリック教会は偽善だ~っ!」と言っている。
支局長も歴史的(「The Tudors」や「ボルジア家」とか歴史映画や歴史ドラマのスキャンダルは
大抵宗教がらみだ)、建築的にはとても興味があるが、いろいろ見たり聞いたりする限り宗教的には
疑問や矛盾を感じることが多い。

20130315-4.jpg 20130315-5.jpg

そんな中、新法王のフランシスコ1世は庶民派らしく好感が持てる。法王に選出された後も法王専用車には
乗らず他の枢機卿たちと一緒にバスに乗ったとか、アルゼンチンのサッカーチームのソシオ
(ファンクラブの会員)だとか庶民派を裏付けるようなエピソードが出てくる。

20130315-3.jpg

ローマ法王は枢機卿が鍵のかかったシスティーナ礼拝堂に閉じ込められて過半数になるまで投票を
繰り返すコンクラーヴェという会議で決められる。
スペイン語の発音だとコンクラベとなるので、礼拝堂に閉じ込められて何度投票しても決まらないとなると
まさに「根くらべ」だよな~とカトリック教徒からみると不謹慎なオヤジギャグが頭をよぎる。

バチカンでコンクラベが開かれている間、支局では「根くらべ」が開かれていた。
¿¿¿???何の根くらべかというと、ピクシーに「おすわり」、「お手」、「ハイタッチ」を教えるという、
くだらないようだが、日頃、犬、猫になめられている支局長には大事な作業だ。
(誰がごはんをあげているのか頭に叩き込むのだ!わっはっは!)
こちらは部屋に閉じ込められるのではなく廊下に追い出されてのマンツーマン集中レッスンだ。
(そうしないと横でミルーがおやつ目当てで一生懸命おすわりやお手をするのでちょっとかわいそうになる)

ミルーにお手本を見せてもらいましょう!

20130315-6.jpg  20130315-7.jpg
20130315-8.jpg

お散歩同様、ピクシーはすぐに気が散ってデヘヘ~、と寝っ転がってしまうのでなかなかはかどらない。
おやつをちらつかせて教えようとしても、おやつほしさにピョンピョン飛び跳ねるのでなかなかピシッと
決まらない。まさに根くらべである。コンクラベの白煙生中継も見逃してしまった…。

ちなみにミルーはこの「おすわり」、「お手」、「ハイタッチ」に加え「キス」、「伏せ」と
「寝る(お腹を上にして寝るのだが、雨の日のお散歩後お腹や足を拭くのに便利です)」を朝晩の
ご飯の前にしないと餌にありつけない。

20130315-9.jpg  20130315-10.jpg

めんどくさ~ぁ、という雰囲気がなきにしもあらず…。

副支局長帰宅後、レッスンの成果を見るべく試験をしてもらった。

20130315-12.jpg 20130315-13.jpg

20130315-11.jpg

う~ん…理解はしてるようだけど、あまりに一瞬芸で写真に撮れん!
黒煙ではないけれど白煙でもない。後日追試だ!


おかげさまで、フィオナは大丈夫です
2013年03月12日 (火) | 編集 |

フィオナの抜歯手術は無事終了した。ご心配くださった方々、ありがとうございます!
当初、クリニックに1泊する予定だったが、結局日帰りとなった。

20130311-1.jpg

歯を抜いた後の歯茎を縫ってあるのでドライフードを食べることができない(縫ってなくても無理か…)。
が、パテよりもドライフードのほうを食べたがるので、今はパテとお湯でドライフードをふやかしたもの
を食べている。

怒りんぼなフィオナなので、術後は痛みでもっと不機嫌になるかと心配していたが、意外にも
その気配はない。逆に以前は抱っこはフィオナが自らやってきた時のみだったのが、寝ているところを
私が抱き上げても怒らなくなった。

20130311-2.jpg

まだ口を触らないようにと言われているので口の中がどんなか見てはいないが、どうやらフィオナは
大丈夫そうだ。


ところが、病気なのは支局長と副支局長のようだ。…実は、支局にもう一匹犬が増えてしまった…。
(`(エ)´)ノ イイカゲンニシローッ! と自分たちでも思います…ハイ…。

フィオナの手術を待つ間、保護センターの犬舎で他の犬をナデナデしていたところ、
「私!私!私をなでてっ!」と割り込んできた。その後も他の犬をなでているとまたしても割り込んでくる。

最近ミルーが散歩に出てもお友達にあまり会えず家に入るときも座り込んでキョロキョロして
誰かが来ないかとを待っているし、猫の中に犬一匹とマイノリティーでちょっと気の毒だったので
ミルーの妹分として引き取ることにした。

20130311-3.jpg

彼女はPixy(ピクシー)。うっかり聞きそびれたがおそらくチワワのMixだろう。
まだ10ヶ月くらいとのことだ。

猫たちの反応は…何もなし。ちょっとしたパニックになるかと思っていたのだが、本当に何もなし。
ピクシーもまるで猫のようで、散歩よりお昼寝のほうが好きなようだ。

散歩に出てもすぐに芝生の上に寝っころがってしまう。

20130311-4.jpg

ショコラのほうが歩く気満々である。

20130311-5.jpg

ショコラは新人さんの面倒見がいい。

20130311-6.jpg

そこで支局長はひらめいた。

「そうだ!ショコラにピクシーの散歩をしてもらおう!」

20130311-7.jpg

見よ!ショコラの使命感にあふれる真剣な顔を!

20130311-8.jpg

動物不法労働&虐待と訴えられないといいが…ヾ(´ε`;)ゝ



敗北宣言 ・゚゚・(×_×)・゚゚・
2013年03月06日 (水) | 編集 |
1年ちょっとフィオナの口内炎(歯槽膿漏?)と格闘してきたが、そろそろ覚悟を決める時が来た。

20130306-1.jpg

朝は口のなかもピンク色で「あっ、今日は調子がいいね~\(^o^)/」と言っていても、夜には血だらけ
ということもある( p_q)エ-ン 
夜、調子がよくても保定袋に入れられた途端、パニックをおこし大出血ということもある。

おやつなどで騙し騙し口内洗浄やマヌカハニーを塗ったりしてきたが、そのおやつにも騙されなくなってきた
(洗濯機にもフィオナにも愛想をつかれた情けない支局長である(´_`))

20130306-2.jpg

結論としては、薬などである程度症状は抑えられても治ってはいないということだ。
一時は治るんじゃないかと希望を持っていたけれどどうやら敗北である(_ _,)/~~ コウサン

抜歯をしても治る可能性は85%だけれど、低い可能性ではない。
治っても口内洗浄は時々必要だとは思うが、毎日、日に2回も袋に入れられるよりもストレスは少なくて
すむだろう。

20130306-4.jpg "怒りんぼガールズ"

…ということで今週金曜日に抜歯をしてもらうことになった。かなり痛いらしくクリニックに1泊する。
帰ってきても怒ってご機嫌悪いだろうなぁ~。

20130306-3.jpg

フィオナの性格は1年前と比べるとかなり丸くなってきて、以前よりウロウロ歩き回ったり、
甘えてくるようになったが、手術を機に“凶暴フィオちゃん”が復活するのではと恐怖に震える
今日この頃である。


1Kg=1ユーロ割引セール
2013年03月04日 (月) | 編集 |

洗濯機が壊れた。||(-_-;)||||||

金曜午後に洗濯機を回していたのだが、タイマーの音が聞こえないのでてっきり脱水まで
終了したのだと思いスイッチを切りドアを開けると…なんと!水が流出!!!  <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
た、たしかにこのところ脱水の調子が悪かったのをなんとか騙し騙し使っていたのだが、
洗濯機としても「もう騙されないぞ!」と愛想をつかしたのだろう。

スペインではキッチン収納型というのだろうかこういう↓のような洗濯機がほとんどである。
使用中はドアはブロックされているもののスイッチを切るとブロックが解除されるので水が中に
あってもドアは開いてしまう。支局長はやっぱり日本で主流の上のフタを開けるもののほうが理に
かなっていると思うのだが…(-_-)ウーム

20130304-1.jpg

もう金曜日の夜だ。ここでは日曜はお店は開かない。土曜のうちになんとか新しい洗濯機を
手配しないと次の週の洗濯ができない!副支局長に洗濯物を手で絞って干してもらっている間、
支局長はどこでどれを買うかインターネットで調査開始!

20130304-2.jpg 武蔵 「支局長に怒られるよぉ~」

20130304-3.jpg トラ 「ばかものっ!洗濯できないなら何のためにこれは存在するんにゃっ!?」

そういえば数日前からMedia Markt というビックカメラや、さくらやのような家電製品格安店が
「1Kg=1€!!!」と叫んでいるTVコマーシャルをやっているのを思い出した。

家電製品の量り売りか?!とWebサイトをチェックしてみると、商品の重さ×1€=割引額
(テレビは×2€)という支局長にはタイムリーなセールだ。

Media Marktのキャッチフレーズ「Yo no soy tonto!(私はバカじゃない!)」と叫びながらも
映画や有名人をパロッたちょっとおバカなコマーシャルを、木曜までは冷ややかなまなざしで
見ていたのだが、「そうだよねぇ~、そこでこんなに安く売ってるのに、他のお店で高いの買ったら
バカだよねぇ~」と変わり身の早い支局長である・・・。

よ~く、各メーカー各モデルのデータをチェックしていると、もうひとつ問題が出てきた。

キッチンの洗濯機を収納できる部分の高さが洗濯機の高さより3cm低いのだ! ショーーー<( ̄□ ̄;)> ーーーック!!! 
(実はあとになって大抵の洗濯機は頭の部分を取り外すとこの3cmは低くなることがわかったのだが、
買った機種は取り外せないタイプだったので結果オーライ)

20130304-6.jpg

夜中の3時までどれを買うか大体目星をつけ、土曜朝、副支局長の弟に電動ノコギリなどの工具を持って
駆けつけてもらい、無事収納部分の拡張にも成功!<(_ _*)> アリガトォ 
午後にはMedia MarktへGooooooooooooo!!!!

収納場所拡張前           拡張後(上の部分の隙間がみえますか?)
20130304-4.jpg 20130304-5.jpg
武蔵、シッポをまわして実況中 「せんたっき、ブンブンブン!」

結局、目星をつけていたものとは全然ちがう聞いたことのないSmegというイタリアのメーカーの
洗濯機を買った。
元々お手ごろ価格な上、75€(洗濯機は一律75Kgで計算するらしい)のディスカウント、A+++と
省エネ効果の基準も申し分なし、そして何よりも8kgという洗濯容量に惹かれた。

ノミ、ダニ防止のために頻繁に毛布などを洗っていたが以前の洗濯機は容量が小さく入らないため、
仕方なくバスタブで洗い十分な脱水もできずテラスに干していた。

20130304-7.jpg 何しろ毛深い方が多いもんで虫さんに好かれて困ります…

壊れたときは結構へこんだが、新しい洗濯機でいままでできなかったことができるかと思うと
ワクワクするo(^-^)o あ~!早く来ないかなぁ~!

ところでこのSmegというメーカーの冷蔵庫はとってもレトロでかわいい。
(日本では残念ながら生産中止になってるみたいです。でも中古はありそうです)

20130304-8.jpg 20130304-9.jpg 20130304-10.jpg



今、冷蔵庫まで壊れると困るけど、次回は是非買ってみたいなぁ~(収納場所とサイズは要相談だけど…)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。