スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支局、フル稼働中
2013年05月30日 (木) | 編集 |

5月も終わりに近づいているというのに日に日に寒くなる今日この頃。
長袖Tシャツ、トレーナー、犬の散歩にはさらに厚手のフリースのジャケットを着ても寒い。
1月から3月にかけては異常に暖かくヒーターも使わず、今年は「暖房費が浮いてラッキー」と喜んでいた
支局長は、現在、お天気同様どよ~んとしている。

不安定な天気のせいか年のせいか、現在、蘭々が少し体調を崩しているので少しでもストレスが減るよう
寝室で過ごしている。

20130530-1.jpg

解熱剤と抗生物質が効いたようで先週は3日ほど何も食べなかったが、現在はパテ、ドライフードを
モリモリと食べている。が、退院(寝室から出る)する気は全然なさそうだ。
まぁ、一人部屋&お食事ルームサービスとあってはそれも無理はないか…┐('~`;)┌

20130530-2.jpg

支局内の間取りはこのようになっている。
(図は世界のマンション事情の取材を受けたときに編集部の方が描いてくださいました)

20130530-3.jpg

原則として日中、犬猫に開放されているのは右のほうのリビング、玄関、キッチンの部分のみだ。


20130530-4.jpg 20130530-5.jpg

天気のいい日にはベランダも開放されキャットタワーも設置される。

20130530-8.jpg

20130530-7.jpg 20130530-6.jpg
猫草をむさぼる猫たち…

そして夜はベッドルーム1とリビングと廊下のドアが開放され、それぞれ好きなところで寝ることになっている。

現在、蘭々が過ごしているのはこのベッドルーム1である。

そしてテラスにつながるベッドルーム3は研修生の仔猫たちが来たときのための隔離室になっている。

20130530-9.jpg

ベッドルーム2は客間として使っている(いた?)のだが、今は犬猫の餌の倉庫と、この悪天候のため
洗濯物干し場となってしまった…。あぁ、湿気が~…<( ̄口 ̄||)>!!!

ほとんどすべての部屋に猫がいるので特に午前中は支局内をうろうろ、行ったり来たりと何かと忙しい。

まずはキッチンで蘭々を除く猫10匹と犬3匹の朝食だ。
例外なく「待ってました!!!」とガツガツ食べるのは、花、トラ、武蔵、春と犬3匹。

20130530-12.jpg 花の食事待ち体勢。たまに椅子と一緒に倒れる。

そしてフィオナは具合のいい日にはテーブルの下から「ニャッ、ニャッ、ニャッ」と
「私もここにいるんだけど~」と言いたげに存在をアピール。

彼女は最初は意欲的に食べるが半分くらいからは「食べさせて~」と支局長が指で口まで持っていかないと
食べない。

以前はここに風とミーシャの姿もあったがあまりの騒ぎに嫌気がさしているのか最近はみんなが去った後
、ゆっくり食べる。

そしてたいてい最後はシモン、カネラ、ショコラのベテラン組みはドアを閉めてゆっくり味わって食べている。
シモンとカネラは味にうるさく、気に入らないと食べてくれない。

20130530-10.jpg

ショコラは遊び食べと言うのだろうか、もともと指で食べさせないと食べないことが多いのだが、その上
一口食べるごとに移動するので私たちはまるでお嬢様を追いかける執事のようだ。

リビング組が終わると(たまに1時間半ほどかかる…)蘭々と仔猫たちへのルームサービスだ。
その時も常にリビング組には要注意だ。朝食後1時間ほどは花、風、武蔵、トラが駆けまわり、犬たちは
レスリングをして遊んでいることが多いが、猫が犬にちょっかいを出したり、レスリングがエキサイト
してきたりすると収拾のつかない大騒ぎとなってしまう。

この大乱闘を避けるためにも犬の散歩はとっても大事だ。全員の食事後、猫砂の掃除をし、
雨が降っていなければ1時間半の散歩に出る。散歩から帰ると犬たちは静まるし、そのころには
猫たちも昼寝をしてくれるのでひとまず静けさがやってくるのだが、この雨続きでは支局長も犬たちも
フラストレーションがたまる一方だ。

20130530-11.jpg

あぁ、早く晴天の日々がやってくるといいのだが・・・。

スポンサーサイト
鴨づくしの日
2013年05月25日 (土) | 編集 |

5月24日は副支局長と支局長の5回目の結婚記念日であった。
5回目といってももうすでにおじさん、おばさんに差し掛かってからの晩婚カップルなので新鮮な
イメージとは程遠い…(゚‐゚*)トオイマナザシ...

5年間、お互いに耐えた(ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )オタガイジャナク、フクシキョクチョウガタエタダケジャ~!!!!)ご苦労さん会
として久々にレストランでロマンティック・ディナーだ!と数ヶ月前から楽しみにしていたのだが、
副支局長のお母さんの入院・手術が同じ日にバッティングしそうだったのと(先週無事に済みましたが)、
なによりボルトという子分ができ、先輩ズラで完全に舞い上がっているピクシーが、不在中に大騒ぎをする
可能性があるため、一時預かりの子達が里子に行くまで延期になってしまった( ´△`)

20130525-1.jpg

ということで、メニューは、なぜかうちの豪華メニューの定番とされている鴨のローストとデザートは
フォンダン・ショコラとなった。

20130525-8.jpg

コーン&トマトポタージュ

20130525-9.jpg

鴨のロースト、フランボワーズソース
ここにしては珍しくおしゃれなエディブルフラワーの入ったサラダのパックをスーパーで発見!

20130525-10.jpg

フォンダンショコラ。テラスのワイルドストロベリーものせてみました。

だが、その前に何よりも大事な局員の給食だ!
「さあ、さあ、日向ぼっこの時間はもう終わり。家に入って!」とベランダに出るとなぜかザワザワと
色めきたっている局員たち。

20130525-3.jpg

ベランダの下を見ると…

20130525-2.jpg

か、鴨ぉ???!!!

雌鴨が支局長に向かいグワッ!グワッ!とヒステリックに叫んでいる。

ヒィィィ~(゚ロ゚;)!!!今夜のメニューが鴨と知って抗議に来たのでしょうかぁぁぁ~
私の買った鴨はあなたの家族だったのでしょうかぁぁぁ~???

副支局長がパンをちぎって投げると雌鴨がそそくさと駆け寄りガツガツと食べる。
その後ろでは雄鴨がパンも食べず恥ずかしげにうつむいてうろうろしている。
まるで「花より団子」の彼女をみっともないと恥ずかしがっているかのようだ。
(雌鴨は動きが高速すぎて低性能のカメラに写らない…)

20130525-4.jpg 20130525-5.jpg

20130525-6.jpg 20130525-7.jpg

ねぇ、旦那ぁ~(副支局長)、どっかの夫婦に似てない?(ミ ̄エ ̄ミ)

ワンワン連絡網
2013年05月18日 (土) | 編集 |

ピンシャーが支局へ研修に来て4日目。初めて本人(本犬)の写真をアップできます(;^_^A

20130517-2.jpg

支局での仮の名前はボルト。

一応、フットサルで鍛えた脚で1Km以上ピンシャーを追いかけた副支局長を振り切り3つ先の村まで
走っていったのでジャマイカの短距離ランナー、ウサイン・ボルトと犬が主役の映画「ボルト」にひっかけた。

初日に脱走。翌日に捕獲され戻ってきたのだが、ボルトは一躍ご近所の有名犬になってしまった。
ミルー、ピクシー、ボルトの3匹をつれて散歩に出ると、捜索中にピンシャーを見なかったか
尋ねた人たちはもちろん、このピンシャーをまだ見たことなかった人や、何であなたが知っている!?
という人まで「犬、見つかったのぉ~!!!???よかったねぇ~。家族みんなで心配してたんだよ」と声を
かけてくれる。

20130517-3.jpg

ワンワン連絡網の伝達力恐るべし( -.-)

とにかく皆さん、お騒がせして本当にすみませんでした。

見つかった当日はとりあえず保護センターの獣医さんの緊急携帯に電話をして、見つかった旨伝え、
保護センターのオフィスには翌朝連絡を入れた。
お目玉もくらわずすみました。

一番怖かったのは、車に轢かれることと、ジプシーの手に再び渡ることだった。

20130517-1.jpg

何を隠そう、支局の前のアパートにはジプシー一家が住んでいて、彼ら自身もピンシャーを飼っているが、
それとは別にブルテリア、ジャックラッセル、ヨークシャーテリア、そしてピンシャーなどを入れ替わり
立ち代りつれている。

知り合いの犬を預かっているとは言うが、おそらくどこかから盗み転売していると思われる。
今は2匹のジャーマンシェパードがいるが、う~ん、彼らのものだろうか…?

この一家ではないが、ボルトも同じようにジプシーといるところを保護されたらしい。

とりあえず、一件落着だが、小さなミスを取り戻す代償はほんとに大きかった。

ご覧のとおりボルトはやせっぽちである。

20130517-4.jpg

餌をむさぼる大和とは大違いだ…(桜に横取りされないように腕まで使って覆いかぶさっているのだが、
酔っ払いがトイレに顔を突っ込んでいる風景にもにてるなぁ~)

201305017-5.jpg

今は本来のミッション、ボルトを太らせることに専念しようと思う。

ピンシャー見つかりました!
2013年05月16日 (木) | 編集 |

昨日コメントしたピンシャー見つかりました!
現在夜の1時過ぎ。迷い犬の張り紙を回収して戻ったところです。

ブログの更新後、3時間ほど村中探し回り、何の収穫もなく支局へ着いた途端、旅行中(観光ではありません)
の副支局長から目的地に着いたとの連絡があった。
そして「いいニュースもあるんだ。ここについた途端、携帯に犬を保護しているって電話が入ったよ」

(T▽T)/バンザーイ!うれしくて泣きました。

副支局長は支局から600Km離れたところにいるので、私が犬を引き取りに行く旨、見つけてくれた女性に
電話した。
どこで見つけたのか聞くと、逃げ出したところから3村も離れた散歩道を歩いていたとのこと。

3村とは支局長も驚いたが、私よりも連絡した獣医さんや近所の犬の散歩仲間のほうが(゚ロ゚;)エェェェェ~!
こんな小さいのにそこまでいくかぁぁぁ~!ともっと驚いていた。

見つけてくれた女性は隣村に住んでいるとのことだったが、支局のある村の市民体育館までつれてきてくれた。
女性と書いたが会ってみるとかわいいティーンエイジャーの女の子だった。

後日、ZARAのギフトカードをもって改めて御礼に行こうと思います。

短いですが、とりあえず報告まで・・・
大失態!(>_<;)
2013年05月15日 (水) | 編集 |

月曜の朝、副支局長に保護センターから電話があり、ミニチュアピンシャーの一時預かりの依頼があった。

20130515-1.jpg

もう仮の里親さんは決まったのだが、保護センターは犬や猫が保護されてから1ヶ月は元の飼い主の
申告があった場合、返却しなくてはならないので正式には里子に出せない。
支局長も副支局長も保護センターでは顔がわれているので、ミルーやピクシーも保護後1ヶ月未満で
支局には来たが、もし飼い主が現れたら返す条件だった。

だが、元飼い主があらわれても一度家へつれて帰ると返したがらない仮里親さんが多いらしい。

このピンシャーは保護センターに来てからとっても痩せてしまったので、少し回復するよう常時アテンド
できる支局に連絡が来たという次第だった。

そして昨日朝、お迎えに行き支局の猫たちとも問題なく過ごしていたのだが、午後に散歩に行き、途中で
伸縮可能なリードに変えようとしたところ逃げてしまった…。副支局長が1Kmほど追いかけたのだが、
支局近くで見失ってしまった。

このピンシャー、保護センターに来る前にはどうやらジプシーに盗まれ、そこを保護されたらしく
まだマイクロチップをつけていない。

地元警察に連絡し、張り紙をし、夜中まで探し回ったが今のところ何の手がかりもない(>_<;)
大失態である。

保護センターにも、仮の里親さんにもなんと言ってお詫びをしたらいいかわからない。
そしてパニックになっているだろう犬にも本当にかわいそうなことをしてしまった。

一時預かりのボランティアとして失格の烙印を押されてしまいそうなのも心配である…。
しかも今日から5日間、副支局長が不在なのでとても心細い・・・。
かなり難しいとわかっていても、なんとか見つかるといいのだが、と心から願うばかりだ…。

さて、うちの研修生、大和のふらつきはよくなった。おそらく支局に来てから2,3日で急激に太ったため
うまくバランスがとれなかったものと見られる。

20130515-2.jpg

ただ、他の猫と比べると少々運動神経は鈍いのは事実のようだ。

20130515-3.jpg

そして桜は…実はハゲができてしまった。

20130515-5.jpg

最初気づいたときはまだ小さかったのでミルクがへばりついて
乾いてしまったのだと思った。次の日は「ん?大和に噛み付かれてかさぶたになったのかな?」と
思ったのだが、その翌日には何か皮膚病によるものだと思い獣医さんに連れて行った。

20130515-6.jpg  20130515-7.jpg


菌による脱毛だった。
里子に出るまでに治るかなぁ…。

20130515-4.jpg

最近何かとついていない一時預かり業務。
実は小心者なので、かなり凹み気味である…(T_T)


研修生五期生:大和(やまと)と桜(さくら)
2013年05月07日 (火) | 編集 |

新しい一時預かりの仔猫(研修生)たちがやってきて一週間。

夜中のミルクとトイレ(まだ猫砂に連れて行かないと失敗する)で少々睡眠不足ぎみの支局長です。

20130507-2.jpg 20130507-3.jpg

支局にいる間の研修生の名前はタイトルのように大和(やまと)と桜(さくら)に決まった
(最初は大和と撫子(なでしこ)にしようかと思ったのだがさくらのほうが発音しやすそうなのでやめた)。
黒白のはちわれ(♂)が大和、キジトラ(♀)が桜です。

20130507-1.jpg

獣医のJ先生は「“サクラ”って子供が見てるアニメでたくさん出てくる♪」とはしゃいでいた。

まだ月齢一ヶ月に満たないとのことでミルクを3~4時間おきに哺乳瓶で飲ませていたのだが、
4日目から桜がミルクをあんまり飲まなくなってしまった。

20130507-4.jpg

まだパテやドライフードは食べないだろうな~と思ったのだが、試しにあげてみると・・・w(゚o゚)wオォォォォ~!

20130507-5.jpg 20130507-6.jpg

ガツガツ食べる。パテもドライフードもまるで掃除機に吸い込まれていくようになくなっていくではないか!

20130507-7.jpg 20130507-8.jpg


研修生一期生はオス2匹はなかなかパテもドライフードも食べ始めず、特にタマは里親さんに
引き取られる日の朝、ようやくドライフードデビューをしたくらいだったのに。

でも、もちろん何でも食べてくれるのは大歓迎だ。
大和にいたってはパテ、ドライフードに加えミルクもガンガン飲む。

一週間前は桜とほとんど同じ大きさだったのに明らかに育った…というより太ったというほうが正しいかも。

2日前の朝、大和の動きがなんだかぎこちない。縁日で売っている電池で動く犬のぬいぐるみのようだ。
そしてたまに酔っ払いのように転ぶ。桜は階段へも身軽に飛び乗るのに大和は飛びつくが…落ちる。

20130507-9.jpg

昨日獣医さんに見てもらったが脳や神経には異常は見られないとのことなので、様子をみることになった。
突然ぐんぐん育ってしまったのでうまく動けないのだろうか?

さて、話は変わるが、先日話した陸(りく)の兄弟、空(くう)。
残念ながらやはりFIPのドライタイプで昨日亡くなった。

飼い主さんの家族は忙しくて獣医さんに行けないので、先週は3回一緒に獣医さんに行ったのだが、
毎回新しい症状が加わわっていく。金曜日には脳に障害がでてきたのか目が左右に絶えず動いていた。

昨日も副支局長が昼で仕事をあがり一緒に獣医さんに行くはずだったのだが、お迎えに行くとその日の朝、
飼い主さんのお嬢さんが獣医さんに連れて行き安楽死にしてもらったそうだ…。

20130507-10.jpg

私はできれば最後まで面倒をみたいし、安楽死に反対の方もたくさんいるのでなんと書いたらいいのか
わからないが、空はもう何週間も食べることができなかった。
この一年半、FIPのケースを何度も見てきたが、この病気は悪くなり始めるとどんどん悪くなっていく。
獣医さんに行くたびに体重をはかると毎回減っていったので本当に身を削っていったのだと思うので、
もう休ませてあげてあげたいという飼い主さんの気持ちもよくわかる。

1日でも早くFIPの治療法が見つかることを心から願うばかりだ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。