スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豹(ひょう)の運命や如何に!
2013年08月27日 (火) | 編集 |

6月中旬に支局にやってきた豹。そろそろ月齢3ヶ月になる。

20130826-0.jpg

一時預かりの仔猫たちは月齢3ヶ月でワクチン接種ができる頃を目安に里子へ行く。

今日は、右手に菌(水虫みたいなものです)によると見られるハゲができている大地(だいち)と、

20130826-3.jpg

支局へ来て数日後から鼻風邪が治りきらない海(うみ)を

20130826-2.jpg

保護センターの獣医さんに連れて行くため、豹の里親探し状況も聞いてみることにした。

20130826-1.jpg お湯入りペットボトルで暖めてるのだがなかなか治らない

…が、受付にいたスタッフのRさん、私の顔を見るなり、「オレンジちゃんたち(元気と舞)の様子は
どう?もう里子にいけそう?」と逆に質問されてしまった。
(ここでは茶色の猫はオレンジ色とか金髪という意味のルビオ(Rubio)とよく呼ばれている)

なんでも既に決まっている里親さんから、いつ引き取れるかしょっちゅう電話がかかってくるらしい。

「(゚-゚;)ウーン、舞は月齢2ヶ月そこそこ、元気はまだ2ヶ月にもなってないんだけどなぁ~。
そもそも仔猫の育て方がわからないからと拾った仔猫を保護センターに連れてきて、大きくなったら
引き取るという里親さんなので、もう一ヶ月くらい待てんのかな~、とも思うが(特に元気は私の
お気に入りだからというのもあるが…)、元気も舞も健康状態抜群だし(元気はおとといミルクを40ml
一気飲みしておなかを壊したけど既に復活!)、引き取ってくれる人にそんなことは言えない。

やっぱり誰でも飼育に手のかからなくなった仔猫はかわいいし、私も里親さんにかわいい時期を見逃して
ほしくない。なにより引き取ってもらえるのはありがたいことだ。

とりあえず木曜日に元気と舞の健康診断をしてもらって、獣医さんのOKが出れば土曜日に里子に
行くよう手配をすることになった。

ただ、心配なのは豹だ。なんだか結婚を妹弟に先を越された長男をみるようで不憫である。

スペインでは(スペインでも?)黒猫は縁起が悪いと嫌われる。豹は、同じ黒猫でも舞やショコラのように
丸顔ではないので、大きさはまだ小さくても「きゃ~、なんてかわいい仔猫ちゃん!」という感じでもない。
写真写りは悪いし、人見知りもするので一見愛想も悪そうに見える。

ハンデが多すぎる…。

20130826-4.jpg これは舞。気難しいオバさま蘭々が珍しく一緒にいる

副支局長(旦那)は「え~、そんなことないよぉかわいいよ~」という。

私たちは、豹が実は甘えん坊なのも知っているし、情が移っているのでそういえる。

が、現実問題、この2匹が並んでいたら…

20130826-5.jpg

コウモリさんより・・・

20130826-6.jpg

かわいい仔猫ちゃんを選ぶと思うのだが…

豹の幸せを願わずにはいられない…。


スポンサーサイト
ゼンマイ仕掛けの元気
2013年08月16日 (金) | 編集 |

20130815-1.jpg

元気はたった今遊んでいたかと思うと、次の瞬間にはよく爆睡している。

20130815-2.jpg

この日も今の今まで私の手にまつわりついて遊んでいたのだが、また眠ってしまった。
しかも気をつけ!のポーズで。

20130815-3.jpg

まるでゼンマイが切れたおもちゃのようだ・・・。



季節はずれのベビーブーム : 海(うみ)と大地(だいち)
2013年08月12日 (月) | 編集 |

先週末、両親の住む村に滞在していた副支局長(旦那)。
帰路の途中、帰るコールをしてきた際、「今、保護センターのRさんが、授乳が必要な仔猫が
2匹いるのだが受け入れられるかって電話があったんだけど・・・」と言う。

私としては2匹も4匹も同じなのでもちろんOK。
だが、数分後、血液検査が既に済んだ元気と舞と一緒の隔離部屋に入れられないことに気がついた。
もう一部屋空き部屋はあるものの、窓が小さく薄暗く空気も停滞するのでいまいち適していない。

20130812-1.jpg

急いで保護センターに電話をして状況を説明すると、「同じ部屋でも噛み合って遊んだり、餌や水を
共有せず、大きなダンボール箱に入れておけば仔猫はハッピーよ」とのことで受け入れ決行。

仔猫到着後、ミルクを飲ませていると、なんだか脚が痒い。
「こ、これはノミがいるぞ~!!! (゚ロ゚;)」と急いでノミ取り用の櫛でまずは小さい仔猫をすくと
ノミは出ないものの、ザザ~ッ!とノミの糞が砂のように引っかかった。
思わず(゚ロ゚;)ヒィィィ~!である。

20130812-2.jpg

次に白黒の仔猫に櫛を入れると数匹のノミを発見。
でもこれはまだ序の口だった。脚に一匹黒ゴマのようなガラパタと呼ばれるダニを発見。
このダニは皮膚に突き刺さっているため櫛では取れないので、毛抜きで抜かなくてはならない。

20130812-3.jpg

このダニを抜いた後、他にもいるかもと毛をかき分けると…
)゚0゚(ギャァァァァァァァ~~~!!!!! 全身に無数にケシの実大の小さなダニがうろこのように
張り付いている。そして毛にはふけのようにシラミまでいる!

とりあえず寄生虫駆除スプレーをかけ、毛抜きでダニ取りをしたのだが頭半分だけでも2時間、
しかもダニは死んでいない (>_<、)

結局、翌日獣医さんでダニとシラミを駆除する注射をしてもらい、さらにその翌日シャンプーで死んだ虫を
洗い流してだいぶきれいになった。

犬のダニと比べるとかなり小さいものの、やはり血を吸って生きている。
それが全身くまなくとなるとショック死の可能性もある。
聞くのを忘れてしまったが、いったいどこで保護されたのだろうか?

さて、ダンボールに入れられた仔猫たち。小さい猫はおとなしいが白黒の少し大きい子猫は飛び上がって
箱から出たがっている。昼夜かまわず跳ね上がり爪でダンボールを引っかくのでかなりうるさい。

ノミ、ダニ、シラミの危険がなくなったので少し外が見られ、空気も循環するよう
副支局長に柵を作ってもらった。仔猫もおとなしくなった。

20130812-4.jpg 20130812-5.jpg

20130812-6.jpg 元気と舞がいない間は部屋を占拠できる

日中、先輩猫たちとサロンにいる元気と舞が夜隔離部屋に戻った時、新入りが気になり柵の間から
手を入れたりしてるのがちょっと心配だ。

20130812-7.jpg 元気は天然ボケのハンサムボーイ

そうそう、新人研修生の名前は小さいキジトラ(♂)は海(うみ)、白黒(♂)は大地(だいち)となった。

そして、支局の法則どおり海は日曜の朝に熱を出すし…(T▽T;) ガ~ン!

20130812-8.jpg

それにしても、いつもは春、秋に多くやってくる仔猫たち。今年は春には1匹もやってこなかったが、
今になって絶え間なくやってくる。

おそらく現在いる研修生が卒業できるのは9月末から10月初旬だと思うのだが、願わくば
その後少し切れ間があるといいのだが・・・。


バケーションシーズン、本格的に到来
2013年08月04日 (日) | 編集 |

今週はと~っても蒸し暑く、ここも40℃に届く日まであり、目の前に緑や青い光が見えるくらい
クラクラするような日が続いた。

バスクは夏でも比較的過ごしやすいのでクーラーを持つ家庭は少ないと思うのだが、この数日停電が
日に何度もあったというのは、やっぱり消費電力が上がったのだろうか?

さて、スペインの学校は6月下旬から9月までという長い長い夏休みがある。しかも学期半ばではなく
学年末なので自主的に練習問題をやったりする子以外は2ヶ月まるまる勉強から開放される
(う~ん、そんなことでいいのかぁ(゚-゚;)?)。
大人たちは7月から8月の終わりの間に2週間交代で休みを取ることが多い。

副支局長(旦那)も8月組なのだが、時間外労働はお給料には反映されず休日として払われる(?)ので
1ヶ月と1週間というこれまた長い夏休みである。
それはそれでいいのだが、自分ひとりなら残り物を適当に食べればいいお昼ご飯もそれなりに
用意しなくてはならないので私にはあまりお休みにはならない。

こうして始まった夏休み。ご近所のヨークシャーテリア、“キバ“が飼い主さん一家の旅行中当支局へ
2週間の夏合宿にやってきた。

20130804-1.jpg ”キバ”は日本語のアニメのタイトルだか主人公の名前からとったらしい…

夏合宿というのは冗談だが、普段、ペット1匹だけのキバには多くの猫と過ごさなくてはならない環境は
5つ星ホテルとは程遠いだろう。

20130804-2.jpg 憂鬱顔のキバ

実は昨年も2週間滞在したのだが、2、3日はかなり緊張していた。ミーシャや春などのメス猫に猫パンチを
お見舞いされたりもした。

20130804-3.jpg これは去年の様子。キバとカネラ

それを見ていたミルー(犬)。キバにメス猫が近づくとススス~とさりげなく間に入ってキバを守っていた。
結構いい奴である。

だが今年はピクシーがいる。ピクシーはミルーに比べ、少々デリカシーに欠ける。直接ワンワン猫に
吠え掛かるので大騒ぎになってしまう(-_-;)

しかもキバが来た翌日から副支局長が両親の住む村に4日間行ってしまったので、犬達に少々なめられている
支局長はてんてこ舞いだ。w(゚ロ゚)w 

豹による元気と舞へのスパルタ教育は続いており、元気も舞も夕方には爆睡だ。

20130804-8.jpg

20130804-4.jpg 20130804-5.jpg

20130804-6.jpg 20130804-7.jpg

支局長も君たちの夜中のお夜食&ミルクを忘れて爆睡したい!
(この3ヶ月、研修生の切れ間がないので4時間以上連続で寝られない…(>_<、) )

20130804-9.jpg

こんな風に大の字になってね・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。