旦那、海外出張へ行く
2015年11月04日 (水) | 編集 |
子犬、子猫も下に出てきます

ちょうど2年前の11月に旦那の勤める工場がその年の年末で閉鎖されると発表され、全面ストライキやデモ行進、数か月に渡る交渉の結果なんとか閉鎖を免れた。

職場の雰囲気が変わってしまい、全面的にハッピーな旦那ではないのだが、都市開発のため閉鎖されるボルドーで生産していた製品をバスクに製造移転することになり、とりあえず失業の心配はなくなった。

ボルドー工場で働いていた人たちも失業することなくボルドーのもう一つの工場に移転するため、それも安心した。

20151104-2.jpg ボルドーの朝

さて、旦那の担当する仕事は蒸留作業なのだが、ボルドー工場で使っているものをバスクに持ってくるということで、蒸留機の状態などを見るため、一生出張などないだろうと思われていた旦那が海外出張に行くことになった。

20151104-3.jpg 

海外と言っても地続き、TGVで2時間半ほどで着いてしまうので、旦那はあまり盛り上がっていないのだが、私のほうが「わ~い、フランス!」「わ~い、ボルドー!」と一人で舞い上がった。
…と言っても、もちろん私は行けないので、写真を撮ってきてもらった。

20151104-1.jpg ボルドー駅

あんまり出張に盛りあがっていなかった旦那もボルドー工場の人たちと交流したり、仕事の後ミニ観光をしたり、おいしい食事を堪能してきたようで、かなり満足して帰ってきた。

20151104-4.jpg 
劇場・・・だったかな?

20151104-5.jpg カテドラル

20151104-6.jpg

20151104-7.jpg
せっかくフランスに行ったのに、やっぱり頼むのはこれか・・・

20151104-8.jpg
月曜の夜8時、3階建てのレストランの外は長蛇の列!!!さすがグルメの国!

そしてお土産。箱を見ると、マックカフェェェ~?!

20151104-10.jpg

何かと覗き込むと、おぉ~!ボルドー銘菓カヌレ!マクドナルドご当地製品ですかぁ~

20151104-11.jpg

なかなか面白いものを買ってきてくれました

20151104-9.jpg

さて、旦那が帰ってきた翌日、保護センターから子犬2匹の預かりの依頼があった。
保護センターにパルボにかかった犬がいたため、万一のためうちに避難させたいとのこと。

そしてやってきた2匹はまるでフワフワの毛玉のようなおそらくボーダーコリーかボーダーコリーとのミックス犬だ。

20151104-12.jpg

今回は初めて旦那が名前を付けた。
白いほうがロムロ(Rómulo)、黒いほうがレモ(Remo)。
狼に育てられたロムルスとレムスのことだ。

20151104-27.jpg
何故かうちにある狼とロムロとレモの像・・・

ロムロはレモにちょっかいを出してばっかりでなかなかやんちゃものだが、レモは全く逆で、いつも寝てばっかり、たまにトコトコ歩き始めても突然ぱったり倒れ、その場で寝てしまう。
お風呂に入る姿もなんだかおっさん風だ。

20151104-13.jpg

でも一日遊んだあとはロムロもやはり疲れるようで、まるで縁日で売っている犬のおもちゃの電池切れのようでなかなか面白い。

20151104-14.jpg

20151104-15.jpg
20151104-16.jpg
20151104-17.jpg
20151104-18.jpg
20151104-19.jpg
20151104-20.jpg

なんでこんなかわいい子たちを捨てられるのかなぁと思うが、今回はある程度大きくなるまでお母さん犬といたようで、母乳を飲むことができなかった子たちよりははるかに元気だ。

母乳をろくに飲むことなく弱ってしまった子たちを見送ってきた私としては、それだけでもよかったと思う。(もちろん捨てる人に対し甘すぎるとは思うが)

うちでミルクを飲んで育ったダイアも先週末に里子に行った。

20151104-21.jpg
保護センターのFacebookから

そんなダイアに衝撃の事実が…ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )大袈裟だっ!

譲渡時に健康診断をしてもらうのだが、心臓の音よし!耳垢よし!口の中よし!
熱は?とお尻を持ち上げたJ先生「あ、男の子だっけ?」
私「えっ?!えぇぇぇ~!(゚o゚;)/」

うちに来た時にチェックしてすっかり女の子だと思いこんでいて、その後確認することなくここまで来たのだが、確かによく見ると男の子だ。

去勢前に女の子扱いしてしまいました (゚ー゚;Aスマンスマン

20151104-22.jpg
これからはご飯もソファも独り占めだね

20151104-23.jpg
遅ればせながらティエラもFacebookに載る

子犬は保護センターのFacebookで紹介されるとすぐに里子に行ってしまうので、ロムロとレモも早ければ今週末、遅くても2週間ほどでいなくなってしまうだろう。
WP_20151102_12_10_52_Smart_convert_20151104220139.jpg
保護センター(獣医さん)の待合室で偶然、1か月半前に里子に行った禅ことダルコに会う。里親さんがいなかったらもう禅だとはわからない。 
20151104-25.jpg

20151104-26.jpg

寂しいけれど、里親さんにも小さい時のかわいい時期を楽しんでほしい(もちろん大きくなってもかわいいけど)ので、健康的に大丈夫な時期になったら早く里子に行くのがやっぱり理想だと思う。
スポンサーサイト