あっという間に年末…(x_x;)
2015年12月28日 (月) | 編集 |
師までも走るほど忙しいという師走。師でない私は一体どうしたらいいのぉぉぉ~~~!!! 。・゚゚・o(>o<;)o・゚゚・。とヒィヒィ走っている間にもう今年最後の週になってしまった。

まずは悲しいお知らせから…

今年最後の預かりっ子の紅葉は儚く散ってしまいました (;>_<;) 

20151227-1.jpg

汎白血球減少症はウィルス自体より、脱水症状が命取りということで1日3回の皮下点滴1度は100g以上落ちた体重も戻り、下痢もサイリウムが効いたのか改善され、今回は大丈夫かも~と安心しかけたところに大きな落とし穴が…。

やはり500g前後の小さな体に1日3度の点滴は過酷で背中が化膿してしまい点滴ができなくなってしまった。シリンジで輸液を経口で補給しても,とても追いつかずすぐに弱ってしまい、帰らぬ仔となってしまった。

1度は良くなったというところは大きな進歩だが、それだけに残念でならない。点滴の技術不足だったのかな… 痛い思いをさせた上、助けてあげられなくてゴメンね紅葉。

このように12月中旬まであっという間に過ぎ、気が付くと「あと10日でクリスマス・イブじゃない!!!」と慌ててクリスマスの準備。

猫がいるため、去年までは小さなクリスマスツリーとガーランドでごまかしてきたが、今年は思い切って“夢の”大きなクリスマスツリーを買った。

20151227-2.jpg

家に帰って箱を開けると、おぉ~!!! w(゚o゚*)w 

箱には長さの違う枝がたくさん入っている。

20151227-3.jpg

ちいさなクリスマスツリーは傘を開くように幹の支柱から枝を開いていったのだが、大きいツリーだと各枝からさらに小さい枝を開き幹に1本1本差し込んでいくという仕組みだ。

20151227-4.jpg

なるほどねぇ~、だから枝がたくさんあって豪華に見えるのねぇ~と感心したものの、箱にドバッと「ほら、組み立てろ!」とばかりに入っている枝を見るとどっと疲れが…。

20151227-5.jpg
どなたか手を貸してくださいませんでしょうか・・・?

私が枝のグループ分け、旦那が組み立て担当で何とか完成。

20151227-8.jpg

そして今年の大きな目玉はこれっ!!!

[広告] VPS


わはは!どうだ猫たちよ!気に入ったか!?

20151227-6.jpg

特に姫はツリーもオーナメントも、汽車も気に入ったようでいつもツリーの横にいる。

20151227-7.jpg

もちろん汽車は夜になると車庫(棚の中)に入るのは必須。
朝になるとオーナメントと枝をいくつか拾い差し込み、というのがクリスマス終了(スペインは1月6日)までの日課となるのは言うまでもない。

クリスマス・イブのディナーは毎年人間、犬、猫ともほとんど変わりなく終了(お寿司に生エビとタコが今回から登場!)。

20151227-9.jpg
犬ご飯

20151227-19.jpg

20151227-10.jpg
猫ご飯準備中

20151227-17.jpg
猫ご飯の準備は危険な任務だ…頑張れ旦那!

そして人間も・・・
20151227-11.jpg
旦那作、チーズと生ハム盛り合わせ。英国産クランベリー入りチーズは絶品。

20151227-12.jpg
エビのガーリックオイルオーブン焼き

20151227-13.jpg
調理時間4時間もかかってしまった(汗ッ)お寿司。幸い汗と涙の味はしませんでした。

20151227-14.jpg
今年はローストビーフにしたけれど、いつもの鴨のほうが美味しかったかも・・・

20151227-15.jpg

年のせいか、これまでの疲れのせいか例年より早くお腹がいっぱいになり、デザートのケーキは翌日まで持ち越し。

20151227-16.jpg
こき使われ疲れ果てた旦那・・・一日中寝ていた蘭々まで爆睡しているのはなぜだ・・・

20151227-18.jpg
ケーキは翌朝登場。ケースに入れられていたため巨大イチゴで作ったパパ・ノエル(スペインではサンタ・クロースをこう呼びます)はふたで押しつぶされ、酔っ払いのようだ

そして、今日は動物看護士の講座の小テスト。本当は1か月半くらいで進む範囲だったのだろうが、3か月近くもかかってしまった…llllll(-_-;)llllll 

五者択一なので簡単そうに見えるが、文章を読むのに時間がかかるし、選ぶのも微妙な引っかけがあったりで意外と難しい。

これまた時間がなくて最後の問題を読んでる途中で時間切れとなってしまったが、結果は何とか85点。

テストを終わって最初にしたかったブログの更新もできたし、今日の残りは掃除洗濯に精を出し、明日からまた勉強再開、遅れた時間を挽回するのだッ! o^ↀᴥↀ^o頑張るニャン♬


スポンサーサイト
今年最後の預かりっ子
2015年12月07日 (月) | 編集 |

更新が滞っているにも関わらず、ご訪問いただき本当にありがとうございます!
このところ毎度のセリフですが、感謝、感謝の一言です!

1か月弱と短い一時預かりだったロムロとレモも二週間前に里子に行った。

20151206-1.jpg

ロムロとレモは兄弟なのに性格が全然違う。

20151206-2.jpg

レモは3歩あるくとカーペットのように足を投げ出しカーペットのようになって寝そべってしまうのに対し、ロムロはそのレモに向かいまるでプロレスラーが敵の上にモモンガのようにダ~ン!!!と飛び掛かるやんちゃ者だ。

20151206-3.jpg
ちょっとオヤジ風

20151206-4.jpg

そしてなぜか保護センターで見つける里親さんたちはそんな犬たちの性格に合った人たちだ。

やんちゃ者ロムロは4人のお子さんがいるという女性が里親さん(とても4児の母には見えないっ!!!)。

20151206-5.jpg

子供たちもロムロも退屈することなく過ごせるだろう。

ロムロはスペインの国境を越えフランスのアンダイユという国境沿いの村へ行った。

レモは20代の女性が里親さん。

20151206-6.jpg
(レモを抱っこしているのはお母さん)
静かそうな人だったのでこれまたベスト・マッチ。

そして2匹の子犬と入れ違いでやってきたのは、うちの“姫”とそっくりな紅葉(もみじ)。おそらく今年最後の預かりっ子だ。

20151206-7.jpg

不思議なことに気が付くといつも2匹くっついて寝ている。

20151206-8.jpg

前にも茶トラの子たちがいつも武蔵やトラと一緒にいて、猫は色がわかるのだろうかと思ったことがあったが、これで、ますます興味は深まる。

なかなか傍若無人な性格で、気難しい蘭々の上にも怖いもの知らずで登ってしまう。

20151206-9.jpg

20151206-10.jpg

20151206-11.jpg

20151206-12.jpg

20151206-13.jpg

20151206-14.jpg

この後、蘭々の雷が落ちたことは言うまでもない…。

動物看護士の講座も第3部に入りいよいよ犬猫の病気についての勉強に本腰が入ってきた。

第1部、第2部で顧客応対、ストック管理など犬や猫などほとんど出てこなかった時には犬猫早く出てこいと思ったのだが、いざ本格的になってくると一日何時間もテキストとのにらめっこで気が付くと3日間パソコンを開いていないこともある。

20151206-15.jpg
大事そうなところには赤ペンで線を引いていたのだが、結局全部真っ赤っか

特に現在読んでいる口腔、食道、胃腸に関する病気の部分は膨大な情報でなかなか進まず、新しい単語だらけなので次回のテストは本当に大丈夫なのだろうかと不安になってしまう。

乳児は48時間以内に初乳を飲まないとおそらく死亡するだろうなど、やっぱりやっても駄目なものは駄目なのかということを学ばされているようで空しくなる。

食道拡張症で亡くなったルビーもやっぱり救うことはかなり難しかったようだ。

ちょうど腸の勉強に入ったころ、紅葉の食欲がなくなり、熱を出し、嘔吐をした。

20151206-16.jpg
最初はみんなの羨望の眼差し一手に受けて得意げに食べていたのだが・・・

獣医さんへ連れていくと、またしても汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症)だろうと診断された。

おそらく、うちで亡くなった子猫たちはこれが原因だと思われる。
この病気は嘔吐したら吐き気止め、熱が出たら解熱剤と対症療法しかない。

紅葉は幸い嘔吐は一度だけだったが、下痢が日に日に悪化する。血便にもなっている。
高栄養のウェットフードに乳酸菌の粉を入れたりしたがあまり改善されない。

そこでちょうど勉強していた腸炎の食事療法で出ていた“サイリウム”を思い出した。
サイリウムは人間用の整腸サプリメントでオオバコの種を粉状にしたもので下痢にも便秘にも効く。

最初は高栄養のウェットフードに少しかけてみたが、改善されないので、子猫用のドライフードを水でふやかしハンドミキサーでクリーム状にして、乳酸菌、サイリウム耳かき2杯ほど、サーモンオイルを1滴加えたところ下痢が一気に治った。

それと同時に1日2回注射器で10ml打っていた輸液を、1日3回背中にこぶができる大きさまで点滴した。それを2日間。
一度は今回もダメかも…と思われた紅葉も回復してきた。まだまだ予断は許さないが一安心。

20151206-17.jpg
最初はあまりに元気がなかったので、ウ○チで汚れたお尻を洗うのもためらわれたのだが、少し元気になったのでお尻だけ洗ってみると、お尻からしっぽにかけてただれてしまっていた・・・ごめんね紅葉 (>_<;)

勉強すればするほどがっかりすることも多かったが、少しでも役に立ったのはうれしい。