スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰してしまいました m(*- -*)m 
2016年10月03日 (月) | 編集 |
もう、皆さんに顔向けできないくらいご無沙汰してしまい、本当に恥ずかしいのですが、再登場しました。コメントをくださった方々本当にありがとうございます。

まさに蘭々が亡くなった日から、一時預かりも動物看護士の講座も辞めようかと思うような嫌な気分にさせられることがが数回あったり、胃腸炎で寝込んだり、結婚式出席のためスウェーデンに行ったり、甥っ子たちが夏休みにやってきたりしててんてこ舞いの日々でした。
03102016-1.jpg
この5兄弟(写真は4匹ですが)ヘルペスウィルスや汎白血球減少症にかかり苦労をしたが、なんとか3匹が生き残り里子に行った。

03102016-2.jpg
甥っ子たちが帰った数時間後に保護センターから電話があり(うちには隠しカメラがあるのかっ!?)やってきた子犬。
最初は「一体犬種は何だ?」と思ったのだが…


03102016-3.jpg
どうやらアメリカン・スタンフォードのミックスらしい。カナダのモントリオールではピットブルとともに殺処分の対象となるらしいのでとっても心配。

その間も一時預かりの子猫、子犬の出入りが数件、全6章の動物看護士講座の第3章にとても苦労し、この章だけでまるまる1年かかってしまい、ようやく先週この章の試験を終えちょっと一息つけたところです。

03102016-6.jpg
メキシコ系カナダ人のD君とスウェーデン人のEさんの結婚式。私が新郎の友人なのだが、なぜか旦那が宴会部長のように披露宴を盛り上げ周りには旦那が友人だと思われた模様。物静かなスウェーデン人招待者たちにはメキシコ人、スペイン人たちの異常な盛り上がりにビックリしたと思う。

03102016-7.jpg
ヨーテボリの魚市場

03102016-8.jpg
ハーガ地区でムーミン発見!!!

03102016-9.jpg
ホテルの受付で、「IKEAのじゃないスウェーデン風ミートボールが食べたい」といったところ、受付のお姉さん、合点だっ!とばかりにレストランを探してくれた。

現在、うちにいるのはテラスに子猫3匹とともに居座った猫一家。母猫は数年前から近所をテリトリーとしていて3回ほどトラップを仕掛けて捕獲しようとしたのだが、見事に見破られ失敗。(それに当時はとっても狂暴だった)

03102016-4.jpg

この母猫、去年はテラスの塀を登れるようになった子猫2匹を「ほれ、この家に餌ががある。もう自立しな。」とばかりに置き去りにしたのだが、もう5か月くらいだったこの2匹は半野生で結局里親を見つけることができずに今はうちに住んでいる。

03102016-10.jpg
アンバーとサファイア。だいぶ慣れたものの今でも時々いじめにあってかわいそう・・・ (x_x;)

ところが、今年は子猫が1か月半くらいになったときに一家共々居座った(生活に疲れたかっ!?)。
うちのテラスに近所の子供たちが入るのは簡単だし(しかも現在おもちゃのピストルが流行っている)、もし子猫がテラスの塀を超えるとそこはパーキングなので危ないし、大きくなって人間に慣れていないと里親さん探しが難しくなるので、子猫が乳離れするまで部屋を貸すことにした。

03102016-5.jpg

母猫はもう家猫になるのは難しいので(人間のベッドに粗相をする(>_<) ので、日に2回外に出す。)、子猫が2か月半になったら、母猫は避妊してかわいそうだけれど外に放し、子猫たちは里親さんを探すということで獣医さんと話がついた。

白黒のオスの子猫(チェス)は最初から人間にも怖がらず近づいてきたのだが、2匹の三毛のメス猫(モミジと秋)は捕獲時にビックリしてテラスの外に出て車の下に入ってしまったりしたのだが、今はだいぶ慣れてきたので、里子に行くのも心配なさそうだ。

03102016-11.jpg


まだまだ、講座が残っているため、休みがちになるかと思いますが、先生が一番大変なところは過ぎたと言っているので、できるだけブログ更新したいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。