1月、2月ダイジェスト
2017年02月28日 (火) | 編集 |
ひぃぃぃ~(゚ロ゚)// 今年ももう6分の1が終わってしまうというのに、全然ブログの更新をしてないぃぃぃ~(>_<;)
ホントにホントにすみません!m(_ _)m

勉強に加え、DIYリフォームで一日があっという間に終わってしまう今日この頃…。

20170227-1_convert_20170228021033.jpg

20170227-2_convert_20170228032740.jpg

12月にリフォームを始めた寝室は終了

最初は一時預かりの子猫の隔離部屋の床を変えるだけのはずだったのだが、「まずは人目につかないところから練習」と寝室の床から始め、床を変えたら「壁も塗り替えたほうがいいんじゃない?」と壁塗り、現在、隔離部屋の床の4分の3の張替え中(旦那)。この部屋も壁がボルドーレッドだったのだが、やっぱり清潔感があったほうがいいかと明るいグレーに塗り替え中(私)。

20170227-3_convert_20170228033211.jpg
左が以前の色、真ん中は下塗り、左が新しい色。なんだか色あせたどこかの国旗のようだ。

今は一時預かりはシーズンオフなのだが、あと1ヶ月半~2ヶ月経ったらおそらくシーズン開始だと思うのでそれまでには何としても終わらせなくては…。

昨年、子供たちとうちのテラスにやってきたマミーはすっかりテラスに住み着いた。

20170227-4_convert_20170228033409.jpg

今年の1月はいつもより寒かったので、マミーも寝床から出ようとしない。

20170227-5_convert_20170228033512.jpg

そしてマミーの避妊手術後しばらくしてから別のメス猫も餌を食べに来るようになった。

20170227-6_convert_20170228033605.jpg

尻尾の形や声から、この子もマミーの子と思われる。通称「パンダちゃん」。

20170227-7_convert_20170228033804.jpg

最初は私を見ると逃げてしまったのだが、徐々に目の前でご飯を食べるようになった。ただ、触るとやっぱり逃げてしまう。
避妊手術をしようにも手術前日の夜10時からは絶食しなくてはならないので、一晩檻のなかで過ごすため、触ったりしてもパニックにならないように少しずつ慣れさせ、1月中ごろに無事に捕獲、手術も終了。幸い妊娠はしてなかったそうだ。

20170227-8_convert_20170228033954.jpg

20170227-9_convert_20170228034141.jpg

耳に穴が開いてるの見えますか?日本は耳先を「V字」にカットして「桜猫ちゃん」ですが、保護センターの獣医さん、穴あけパンチで穴を開ける。これではパンダちゃんじゃなくってパンチ君だ。

家の周りに常時住んでいるのはこの2匹。だが、“恋の季節”になると、メス猫を探して、どこからかオス猫たちがやってくる。パンダちゃんの手術前、旦那が夜、犬の散歩に出ると、「パンダちゃんがオス猫4、5匹に追いかけられてた~」と言っていたのだが、手術後はオス猫たちも姿をすっかり消した。

新しいメス猫が現れなければ、うちの周辺で子猫が生まれることはないのでちょっと安心。

20170227-10_convert_20170228034233.jpg

2月には保護センターの20周年に招待されたり、マミーの子供2匹(秋とチェス)の避妊と去勢手術に立ち合わせてもらったりしたのだが、これはまた次回に…

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック